プロフィール

女性
はじめまして
小松と申します。

 

私はいままで手汗に苦悩する日々でした。
そんな自分の経験を生かして

このサイトでは、手汗に悩む人へ向けて、
私の体験が少しでもためになるなら!と思い

ここにつづっていきたいと思います。

 

現在28歳で1児の母親をしております。
約21年間もの間手汗に悩まされてきました。

 

これからお話することは、

 

小学校時代に、手汗が人より多いということに気づいてから
長いこと、四苦八苦しながら戦ってきた私からのメッセージとなります。

 

中学生の頃の出来事で
人目を気にするようになり、ふさぎ込みがちになり、

 

高校時代に希望をもって望んだある出来事から
どん底の状態を経験し、

 

仕事時代に経験した大きな、出来事によって

 

手汗の悩みを克服し、人目を気にすることもなく
楽しい毎日を送られるようになりました。

 

手汗の悩みがひとつ消えるだけで、
別世界につれていかれた感じで、幸せいっぱいになれます。

 

どのくらいの幸せかといいますと・・・

・手汗の悩み中心から、自分の人生について考えられるようになった

・いつも人目ばかりを気にしていたが、気にならなくなった

・ふつうの生活を送れるようになった

・自分に自信がもてるようになった

・笑顔が多くなって、前向きになった

・無関心だったファッションも楽しめるようになった

・好きな人に出会え、普通に手をつなげた

・結婚することができて、子供も授かった

 

 

いまの私は、以前の私とちがって
人目を気にせずに「ふつうの生活」をおくれるようになっています。

 

ここだけ聞くと、
たまたまうまく言ったと思われるかもしれませんが、
それはぜんぜん違います。

 

『私は21年間も手汗で悩み続けてきました。』
来る日も来る日もその悩みが晴れる日はきませんでした。

 

その手汗のせいで
自分にも自信をなくし、引きこもりにもなり、
対人恐怖症にもなりました。地獄の日々でした。

 

本などで色々と調べることもしましたし、、
効果があると言われる方法を色々と試したりもしました。

 

治ると言われる手術もしました。
結局どれも良くはなりませんでした。

 

ですが、そんな私の人生も大きな出会いによって
激的に変わりました。

 

少しでも手汗で悩んでいる方のために
私の体験談を参考にしていただけましたら幸いです。

コンプレックスだらけだった幼少期~高校生時代

はじめて私が手のひらの汗が人より多いと
気づいたのは、小学校に入ったくらいだった気がします。

 

まだ小さいころは全然、気にすることではなかったんですが、
低学年から高学年と徐々に年齢が上がるにつれて、
手汗が気になるようになり、

私のコンプレックスは、大きくなっていったかなと思います。

 

子供の頃って
ほんと、悩みなんかないんですよね。
寝て起きたら忘れるし。
そこまで人目も気にならないし、

 

ただ、自分は人とはちがうんじゃないか!?
って、自覚する時期がくるんです。

なぜ私だけ、汗の量が多く、
なぜ他の人は、たくさん汗をかいていないのか!?
不思議でなりませんでした。

 

だんだんと手汗が多いということを
自覚してくると、人目を気にしだします。

 

多汗症の方なら
「うん、うん」と
うなづいてくれるんじゃないかなと思います。

 

私の場合、
父のすすめもあって、剣道を習わされていました。

 

手汗がひどい人って
足汗もひどい場合が多い
と思います。
私もその一人です。

 

ですので、剣道の練習なんかは、
素足でやるため、足から汗が吹き出るので、

なんとかして周りの人にバレないように必死で
ほんとに嫌だった思い出がたくさんです。

 

汗ばかり気にして
小学生だというのに、日々疲れていました。

周りの友達がうらやましかった。
人と比べている自分のいた。

ふつうの生活がしたいだけなのに・・・

「ふつうの生活がしたい」いつもそう思っていました。

 

特に中学に入ってからといって、
私の手汗の悩みが解消されることはなく・・・

相も変わらず、汗がダラダラな状態の日々。

 

親にも相談できない・・・
友達にも相談できない・・・
自分の中で悩みがどんどん大きくなっていきます。

 

中学は私の中でも地獄のような日々でした。

どの学校にも恒例行事があると思うんですが、
私の通っていた、学校にも恒例行事がありました。

 

体育祭でダンスという種目があって
手をつなぎながらダンスをするという

手汗に悩む人にとっては、避けたいもの!
恒例行事だから、3年間も続くんです。。

 

ほんと嫌だった
まじで嫌だった
学校休みたかった

 

わかる人にはわかってもらえるかな。

 

だって、ダンスって男子と手をつなぐじゃん。
しかも長い時間も・・・

 

手汗ってじわじわ出てくるからさ、
絶対バレるし・・・

 

もちろん手をつなぐ直前まで、服で手を拭いて、
なるべく指先で手をつなぐという、小さな努力もしたりしたよ。

 

男子によっては、ガッツリと私の手を握ってきて
「え!?手汗やばくないか!?」とも言われたこともあったし。
かなり落ち込む経験もしたんです。

 

これってかなり傷つくんですよ。
中学生だから特に。思春期の時期だからなおさらね。

手汗が原因で彼氏にフラれた

そんな私でも
手汗に悩んでばかりでしたが、恋はしました。
ふつうの女の子として生きたい!!って気持ちがあったんでしょう。

 

この時代というのもあるんですが、
当時はメールでした。

友人同士の話の流れで、メールアドレスの交換をしよう!となり、
メル友の男の子ができました。(いまだとLINEになるのかな)

 

私の場合、昔から
その男の子のことが気になっていて
いわゆる一目惚れに近い状態だったので、

メール交換するだけで、ウキウキに。

 

その後、メールのやり取りが
ある程度つづき、つき合うことにまでなったりして。
人生の中で、感動したひとつかな、ちょっと大げさかもしれないけど

 

手汗に悩んで
ふつうの生活がしたいって!思ってたから
あのときはとても嬉しかったなー

 

 

恋をすると、
自然と笑顔になれるんです。

少しの間だけでも手汗のことも忘れられる

 

 

なるべく手汗がバレないように気をつけたりして、
一緒にデートを繰り返したりしてました。
本当に楽しい時間でした。

 

でも楽しい時間ってのは
すぐに終わっちゃうんですよね。
それはそれで仕方ないんですが。

 

女の子の私としても手をつなぎたいし
彼氏も手をつなぎたいじゃないですか!?

 

でも手汗ってことは、バレたくない・・・
そんな葛藤をいつもしていました。

 

そんな中、いつものようにデートしている時、
彼氏のほうから私の手をとって

手をつないでしまったんです。

 

内心はビクビクと、ドキドキでいっぱいで。
それやばいよー絶対バレちゃうよー

 

初めて手をつなげたんですが、嬉しい半面
やっぱり手から汗がダラッとでてしまって・・・

 

そのとき、彼は何も言わず、ベタベタの手の状態でも
私の手をぎゅっと握りしめてくれていました。

 

嬉しいという気持ちと、これはバレてるって気持ちで
動揺しながら、少し疲れもしました。

 

もちろんその後何度もデートを重ねて
手をつないでは、手汗をぬぐってを繰り返していました。

私の手汗のことには、一切ふれてこないし、その優しさにも惹かれ
彼のことをどんどん好きになっていった時期でした。

 

最終的に、
私は、手汗が人より多いことを伝えたくて、メールで彼氏に送ったことがあったんです。

たまたま彼氏の友達がそのメールをのぞき見してしまったため、
他の人にも私の手汗のことがバレました。幸いクラス中には広まらず、
数人のみでしたが。そのせいで私は暗くなり、、

 

彼氏からメールがきても、中々返すこともできなくなり・・・

 

結局、彼氏にフラレてしまいました。
私の恋愛は手汗のせいで終わってしまいました。

手術で手汗はよくならない!?

手汗のせいで、気持が暗くなったり、消極的になったり

 

ストレスを感じる毎日を送っていました。
若いのにこのストレスは半端じゃなかったなーーー。

 

インターネットで色々と手汗について
調べたり、色々と試したりもしていました。

 

そのころ高校生で多感な時期です。

 

学校の行事があり、
クラス全員に、私の手汗がひどい
バレる経験をした時期でした。

 

次第に登校拒否になり、
引きこもり状態にもなっていました。

 

そのときに手を貸してくれた先生が、
私の親へその手汗のことを伝えてくれて
はじめて、親が自分の娘が多汗症だと気づきました。

 

親も色々と親身になって調べてくれて
そこで、手術を受けることになりました。

手術を受けたら、手汗は治るから安心してと
先生からもそういう話もありました。

 

実際、手術を受けて
1年間くらいは手汗の量は少なくなって
いて
順調でありましたが、

 

再発しちゃったですよね。
なんのための手術だったの!?って思いました。

 

副作用もたくさん経験して
手汗も再発するとは、考えてもいませんでした。

先輩との出会いが私を変えた

まあ、手汗が再発すると、
引きこもり生活がまたはじまりますが、

 

心配してみかねた母親が、
いつまでも引きこもってばかりではいけないと
母親の紹介で、仕事をすることになりました。

諦めていたやってみたかった仕事でした。

 

手汗が気になり集中はできないかもしれない。

 

なんて思ったりもしていましたが、
母親のことを二度と心配させたくないと思い、
気持ちを奮い立たせながら頑張ってみました。

 

ある日、会社の先輩とご飯に行くきっかけがあり、
勢いで相談してみました。

 

すると、先輩も手汗で悩んでいた過去があったそうです。

「私だけじゃないんだね・・・」
とホッとした瞬間でした。

 

「え!?でも先輩それは、私のことを思ってついた嘘ですよね?
いつも明るいし手汗がでている感じもしなかったし・・・」

 

そう聞くと、先輩は若干苦笑いしながら

 

「そうじゃないんだよー、これ使ったら悩みなくなったんだよね」
と言って化粧品を教えてくれたのです。

 

半信半疑だったんです。

 

だって、いままで色んなことを試してきたけど・・・

 

でも先輩の手は荒れてもなく・・・
手汗も気にならない感じだったし・・・

 

私も先輩のような手になりたい!!

 

そう思い、一度使っていみることにしたんです。

手汗の神商品に出会う

はじめの1週間ほどで、
手汗の量が減ってきたかも?!

 

もしかして!これは凄いかも!
と喜びましたが、
いやいや、まてよ・・・

 

使いはじめて、すぐに効果があっても、
副作用があったり、結局効かなくなったりしたもの、たくさんあったしな・・・

 

もう少し使ってみないとわからないよね、と
そのまま、しばらく使い続けて、1ヶ月

 

使い続けているのもあって、
汗の量がだんだん抑えられるようになってきました。

 

しかも手のひらの毛穴が小さくなってる?!

 

3本目を使い終わるころには

 

なんと!驚くように
手汗の量がかなり落ち着きました。

 

ほんとに!?ってぐらい驚きで!

手のひら
手のひら
※きれいな写真じゃなくてすみません。。

これ!ほんとにすごくないですか?
3本目が使い終わる3ヶ月後には、
肌もすべすべで、キレイな状態にまでなっています。

 

やっと手汗から自由になれるんだ!

やっと、ふつうの生活ができるんだって
感激しました。

 

いまでも、
先輩には感謝をしています。

手汗を克服し、自信をもつことができた

私にきっかけをつくってくれた先輩
そして、教えてくれた化粧品

21年間手汗に悩んでいた私は、
新しい自分に生まれ変わることができました。

 

手汗を気にしていた自分が
嘘みたいに、人目を気にしなくなり
明るい毎日を送れるようになっています。

人生ってこんなにも変わるんだって思いました。

 

こういうことを重ねて
気持ちも明るく、前向きになり
ご縁があり、実は彼氏もできて、

そのあとトントン拍子で、
ついに結婚まですることもできました。

 

手汗で悩んでいる方は
多くいらっしゃると思います。
私もそのひとりでした。

 

何度も引きこもりになったり
人目を気にして対人恐怖症になったりもしました。

 

人はひとつのことで変わることができます。

 

私は21年間という長い間、手汗と戦ってきまして、
何度も心が折れてきました。

当時の私をふり返ると、何かきっかけがほしかったんだと
いまとなっては思います。

 

正しい方法と適切なケアで
手汗が気にならなくなります。

 

21年間も手汗に悩みつづけ、
手術までして再発し、
苦しみに苦しんだ私です。

 

少しでも手汗に悩める人に
このメッセージが届けることができたら
何より嬉しく思います。

 

私のこの思いが、何かのきっかけになり
悩みのない世界へと連れて行くことができましたら幸いです。

 

長くなりましたが、
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 

ご使用されたい方は、下記よりご覧いただけます。